中国報道官「山東餃子店があるから台湾は中国の一部」は真面目な発言

台湾

台湾ボイスの皆様こんにちは。林建良でございます。

8月7日に中国の外交部の報道官である華春瑩(かしゅんえい)が自分のTwitterで以下のように書き込みました。彼女は台北市に山東餃子が38店舗、山西麺が67店舗あるから台湾は中国の一部であると言ったのです。なぜなら人間の舌は誤魔化せないからであると述べています。台湾はまるで迷子になったような子供で、いずれ家に戻るのであろうと書かれていました。このTwitterが公開されると世界中で騒然となって、もしこの理屈が成り立つのであれば中国はケンタッキーの一部ということにもなります。アメリカの元国務省のスポーツウーマンが同じような事をTwitterに皮肉を書いていました。

実は台湾の中でもこの件について反論しており、台北市の中に寿司屋と居酒屋がもっと沢山あるということから台湾が日本の一部なのかということになってしまいます。この華春瑩の発言が果たして、これをただの思いつきでジョークなのか、そしてそれが笑い者なのかと考えられます。実は同じような発言をもう1人いて、8月3日に中国の中フランス大使がフランスのBFMのテレビインタビューを受けて「台湾の内部では確かに中国と統一することを拒否する人がいるが、もし中国が台湾を統一(併合)したら、今度この人たちを再教育する」という発言を受けてヨーロッパ全体、世界全体が騒然となったわけです。なぜならこの発想そのものが台湾人を再教育というのは、まるで今中国がウイグルでやっているようなことと全く同じではないでしょうか。ウイグルにあるウイグル人の強制収容所は中国側の言い分からすれば、それは強制収容所ではなく、あくまでも再教育であると言っています。つまり再教育の名のもとに作られた牢屋です。もう犯人扱いであり、犯罪者でも刑務所に入れられたら罰を与えるのと同時に再教育をするという意味があります。だから刑務所では、必ず犯罪者を構成するという意味=新たにするという意味で再教育するのです。このフランスの中国大使の盧沙野(ろさや)という人間は「台湾を再教育して全ての台湾人が中国愛するような愛国者にする」と言ったのは、まさに西側陣営のタブーを犯すような発言です。

この華春瑩と盧沙野の両名は全くの世間知らずの素人なのかというと実はそうではありません。この2人とも極めて優秀な外交官です。2人とも大学時代に非常に良い成績で、そして大学卒業してからすぐに中国の外交部に入って、中国の外交官訓練を1から受けた人間です。ある意味で中国の外交官の中のエリートだと言えます。中国の外交官は大したことないと思われるかもしれませんが。そうではありません。中国は外交においては世界一と言ってもいいです。なぜなら

登録は簡単3ステップ
過去の配信動画が見放題
最新情報をお届け

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

月間ランキング

  1. 1

    秦剛解任の裏

  2. 2

    中国外交部の異変

  3. 3

    日経の大罪

  4. 4

    バイデン政権の対中ゾンビ外交

  5. 5

    「農管」・ヤクザ顔負けの中国農業警察

  6. 6

    安倍晋三のパンチ

  7. 7

    ワグナル反乱で震え上がる習近平

  8. 8

    台湾問題を国際化する習近平

  9. 9

    真実と嘘を織り交ぜたペテン師の手法

  10. 10

    大人の情報学

Taiwan Voice

Taiwan Voice

日米台研究所理事・林建良先生と国際政治学者・藤井厳喜先生による、台湾の視点から、最新の国際情勢を分析・解説した動画が届く会員制のサービスです。大手メディアが報じないため、実態の分からない中国情勢の分析を月1回、実例を上げながら分かりやすくお届けします。

最近の記事

  1. 秦剛解任の裏

  2. バイデン政権の対中ゾンビ外交

  3. 中国外交部の異変

TOP